×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 Location: Home分子は続くよ、どこまでも >   バカテスト解説&間違い直し! >  バカテスト・世界史 アメリカ大陸の「発見」者


バカテスト・世界史

ライトノベル『バカとテストと召喚獣4』(第4巻) pp.30-31)

第2問

 西暦1492年、アメリカ大陸を発見した人物の名前をフルネームで答えなさい。


<姫路瑞希の答え(模範解答)>
 クリストファー・コロンブス


怪しい問題です。以下のように問題を訂正すべきでしょう。

<問題・修正版> 
 西暦1492年、アメリカ(サン・サルバドル島)に到達したイタリア人の名前をフルネームで答えなさい。


<解説>

1492年、ノルマン人を除くヨーロッパ人として初めて、
アメリカに「到達」したのが、かの有名な、クリストファー・コロンブス です。

彼は、「インド」  (※当時の西ヨーロッパの人々にとって、アジアの東の方の地域は漠然とすべて「インド」である)
にたどり着いたと確信したが、実はそれはバハマ諸島のサン・サルバドル島 だったね、
アジアじゃなくて、アメリカ だったんだね、という有名な話です。


さあ、そういうわけで、
1492年の時点で、コロンブスはアメリカ「大陸」は発見してません ね!

実は、その後、コロンブスは、3度目の航海で南アメリカ大陸、4度目の航海で北アメリカ大陸に達しているのですが、
いずれにしろ、これは1492年の出来事ではありません。



さて、次は、アメリカ大陸を「発見」 した、という言い草についてです。

1492年に、コロンブスがアメリカを「発見」したなんてのは、西ヨーロッパ人の傲慢 ですよね。

アメリカ大陸には、最終氷期(1万年以上前)にベーリング地峡を通ってアメリカ大陸に達した
ネイティブ・アメリカン(インディアン)の祖先に当たる人たちが、既に住んでいた わけですから。


さらに10世紀ぐらいには、ヴァイキングであるノルマン人が、短い間ではあれ入植もしているわけですから、
1492年になって、コロン・ブスがのこのこやってきて、アメリカを「発見」 したというのはおかしな話です。



現在、世界史の教科書をよーく見てみると、「コロンブスがアメリカを発見した」、とはどこにも書いてなく、
「サンサルバドル島に到着した」「サンサルバドル島に到達」 などといった風に表現されています。


しかし一方で、1519年に、香辛料の産地モルッカ諸島(インドネシア)を目指して西回りの大航海に出たマゼランが、
実際にはフィリピンで殺されたにも関わらず、

  1519 マゼラン、世界周航(〜22)

と記されている例もあり、世界史の記述の難しさがうかがえますね。




<結論>

俺の財宝か? 欲しけりゃくれてやる。
探せ!
この世のすべてをそこに置いてきた。



男達はインド亜大陸を目指し、夢を追い続ける。
世はまさに 大海賊時代! 大航海時代!


〜〜

1492年、クリストファー・コロンブスは、大西洋を横断し、
西ヨーロッパ出身の人物としては初めて、アメリカの海域(サン・サルバドル島)に達した。




「バカテスト一覧」に戻る
「バカテスト一覧」に戻る





<出典>


  バカとテストと召喚獣4 (ファミ通文庫)

バカとテストと召喚獣 4 (ファミ通文庫)
井上 堅二


Top
「分子は続くよ、どこまでも」 Top Page へ


Home

Λ 一番上に戻る Λ