×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 Location: Home分子は続くよ、どこまでも >   バカテスト解説&間違い直し! >  バカテスト・国語 のどかな朝。私は友達と…


バカテスト・国語

ライトノベル『バカとテストと召喚獣4』(第4巻) pp.174-175)
(および、↑の原作を元にした、アニメ『バカとテストと召喚獣』第4問(第4話)のアイキャッチ)

第5問

 次の熟語の正しい読みを答え、これを用いた例文を作りなさい。

 【相殺】



<姫路瑞希の答え(模範解答)>

 読み……そうさい
 例文……取引の利益で借金を相殺する



<土屋康太の答え(アニメ版では、吉井明久の答え)>

 読み……そうさつ
 例文……パンチにパンチをぶつけて威力を相殺した



<教師のコメント>
 惜しいですが間違いです。『そうさつ』という読みも一応ありますが、その場合の意味は『互いに殺し合うこと』というものです。
この場合の吉井君(←ムッツリーニ第2形態) の例文では互いに打ち消し合うという意味なので、読みとしては『そうさい』が正解となります。




<解説>

「相殺」の読みと意味に関しては、辞書によって見解が分かれます。

「そうさい」の読みに関しては、

『広辞苑 第六版』にあるように、

そうさい(相殺)
 1. 互いに差し引いて損得なしにすること。
 2. 〔法〕二人が相互に負担する同種の債務を、その一方的な意志表示により対等額において消滅させること。

とするものがほとんどですが、



「そうさつ」 の読みと意味に関しては、


『広辞苑 第六版』
 そうさつ(相殺)
  ソウサイの慣用読み。


『類語新辞典』
 相殺(そうさい)
  …… 「そうさつ」は誤読。


『大辞泉』
 そうさつ(相殺)
  1. 殺し合うこと。
  2. ⇒そうさい(相殺)


『大辞林 第二版』
 そうさつ(相殺)
  互いに殺し合うこと。
  →そうさい(相殺)


他の辞書は、私が見た限りでは、
「相殺(そうさつ)」に「殺し合うこと」という意味は載せておらず、「そうさい」を参照させる、
もしくは「そうさつ」の項目自体がない、
というものでした。



「言葉は移り変わるもの」であり、今日において、「相殺」を「殺し合う」という意味で「そうさつ」と読んで使う人は
ほとんど見かけませんから、間違いだ……といいたいとこなんですが……、言葉って困ったものですね。


言葉の意味が一つに定まらず、ぶれてしまうことは多いのに、
あたかもその言葉の意味は一つしかなく、広く使われるようになった「誤用」表現を誤りだと決めつけて認めようとせずに
「これが正しい日本語なんだ」と言い張る人がいますが、
そんな人には「正しい日本語って何なんですか?」と言ってあげたいですね。





<結論>


のどかな朝。私は 友達 気になる人と相殺した。


明久に相殺をする美波
(↑明久に相殺をする美波。アニメ第4話より)




「バカテスト一覧」に戻る
「バカテスト一覧」に戻る





<出典>

1.原作ラノベ

バカとテストと召喚獣4 (ファミ通文庫) バカとテストと召喚獣 4 (ファミ通文庫)
井上 堅二


2.アニメ

バカとテストと召喚獣 第2巻 [Blu-ray] バカとテストと召喚獣 第2巻 [Blu-ray]

バカとテストと召喚獣 第2巻 [DVD] バカとテストと召喚獣 第2巻 [DVD]


Top
「分子は続くよ、どこまでも」 Top Page へ


Home

Λ 一番上に戻る Λ