×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シャナの体はなぜ成長しないのか?


炎髪灼眼の討ち手、として知られるあの方(シャナ)は、紅蓮の炎を操るフレイムヘイズなのでありますが、どうも私にはオレンジ色の炎 を操っているように見えるのであります。


灼眼のシャナII カードバインダー 

↑証拠画像?

著作権云々の問題を解決するには、アフィリエイトしているふりをするのが一番であります。

ちなみに、上の画像は、カードバイダーであります。
なかなかあの方が炎を操っているものがなかったのであります。



オレンジ色の炎と言えば、思いつくことが一つ。そう、カルシウムイオンの炎色反応 であります。

あの方(シャナ)の体からは、おそらく、カルシウムイオンが、揮発しやすい塩の形、おそらく塩化カルシウムでありましょうか、で出てきていると思われるのであります。

炎色反応は、一般に、炎色反応を観察したい金属の塩化物を用いるのであります。
これは、塩化物が揮発性が高い、すなわち原子化されやすいという特徴をもつからであります。


さて、カルシウムイオンが、骨の主成分であることは、皆の知るところでありましょう。

そんなカルシウムイオンが、あの方(シャナ)の体からは放出されているのであります。

すると、カルシウムイオンが不足し、新しい骨を形成することができない のであります。

つまり、体の成長が抑えられている 、ということなのであります。


しかしながら、血液中のカルシウムイオン濃度を調節するために、今ある骨からカルシウムイオンが溶けだしてしまうような危機的状況には陥っていないようであります。

必要最低限のカルシウムイオンは確保されているようであります。

もしくは、あの、清めの炎に何らかの仕掛けがあるような気もするのであります。


ちなみに、カルシウムイオンが不足していると、イライラするというのはデマであります。

あの方(シャナ)が、あの方の周りをうろついているミステス(坂井悠二)に、しばしばイラついているのには、もっと別の原因があるのであります。

認めたくはないのでありますが。


ついでに、牛乳を飲むと、胸が大きくなるというのもデマであります。

まだイソフラボンの方がちょっとは科学的根拠があるのであります。

ただし、あくまでも説、でありますが。




<結論>

シャナが成長しないのは、体を維持するのに必要な量を除いた、カルシウムイオンが体から放出されているから。

その証拠として、シャナの周りでは、オレンジ色の炎(紅蓮の炎)が観測されている。

これは、カルシウムイオンの炎色反応であることは間違いない。





Top
「分子は続くよ、どこまでも」 Top Page へ

 


Home

Λ 一番上に戻る Λ

 
 Location: Home分子は続くよ、どこまでも >  アニメ・ラノベを科学する > シャナはカルシウム不足?