×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

部屋





〜〜はじめに〜〜 




〜〜アルカンの化学〜〜


アルカンと構造異性体  

アルカンの命名法    

アルカンの炭素 〜sp3 混成軌道〜

シクロアルカンと配座異性体

アルカンの反応 〜置換反応〜

その他のアルカン 〜ビシクロ・スピロ・多面体形〜



〜〜アルケンの化学〜〜




〜〜〜〜




〜〜データ集〜〜

〜周期表〜
〜数を表す接頭辞〜  



〜〜有機化学の殿堂〜〜

有機化合物のギネス記録保持者を一部クイズ形式で紹介。  

〜存在量の最も多い有機化合物〜
〜〜



〜〜有機化合物の世界〜〜

様々な性質を持つ、造形的にも美しい有機化合物を紹介。

〜リサイクル還元剤 ビタミンC〜
〜〜


〜〜有機化学史の逸話〜〜

有機化学の歴史に見られる興味深い逸話を紹介。

〜〜



〜〜有機化学問題集〜〜

基礎から応用まで、有機化学の問題にチャレンジ!

〜〜



〜〜参考文献・ウェブサイト〜〜




コラム:表紙の有機化合物(適宜更新)

ベンゼン(benzene)

 

系統名:benzene
分子式:C
分子量:78.11
性状:無色液体
沸点:80.1℃

  芳香族炭化水素の基本骨格をなし、亀の甲と呼ばれて有機化学の代名詞ともなっている。別名ベンゾール。1825年、マイケル・ファラデー(1791-1867)によって圧縮した鯨油の分解ガス中に初めて見出された。その構造は、アウグスト・ケクレ(1829-96)によって1865年に解明された。ケクレは、夢の中で蛇(ウロボロス)が尾をくわえて輪になったのを見てベンゼン環の構造に思い至ったという。ベンゼンは、不飽和度が高いにもかかわらず、環状共鳴構造をもつため、安定で付加反応を受けにくい。有機溶媒や工業原料など、ベンゼンの用途は広いが、発ガン性が高く、造血阻害等の作用もあるため、取り扱いには注意が必要である。





Home


jp/bin/ll?057817502" border="0">
[PR] プレゼント